入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
なんちゃって中国
2010年09月21日 (火) | 編集 |
DEARMONKEY 西遊記
なんちゃって西遊記

白井三二朗「DearMonkey西遊記」

本日ご紹介するのは、白井三二朗先生の「DearMonkey西遊記」

なんとなく古代中国っぽい世界
妖怪たちに苦しめられる人々を救う為、
玄奘三蔵は妹・テンテンと共に天竺に経典を求める旅に出る
しかし妖怪軍団十二支の首領・孫悟空(申)に殺害されてしまう

孫悟空は玄奘三蔵の首を用いて傀儡を作り、
部下である猪八戒(亥)沙悟浄(辰)らと共に天竺に向かい、
先に経典を入手し、焼き払おうと画策する

それを防ぐには、一分一秒でも早く天竺に到着するしかない
テンテンの天竺行きの旅が始まる

っつー訳で、いきなり玄奘三蔵殺害されます
テンテンはその遺志を継ぎ、代理として天竺に向かう事に
そしてその道連れとなるのが・・・

ゴクウ・・・孫悟空のクローン、髪の毛分身の一人
ハッカイ・・・先代八戒、現在はロートルでボロボロ
ゴジョウ・・・ゴクウの師匠、片目アイパッチに軍服の嫁き遅れ

要するに敵がホンモノ、こっちはニセモノです
これは画期的

更に言えば敵の戦力半端ねぇ
孫悟空の能力がとんでもなくスゲェ
と、勝ち目のほぼ無い状態での戦いが続きます

そのギリギリ感が堪らなくいい

表紙だけ見ると萌え西遊記にしか見えないのに

まぁなんと言っても「ジョバレ」の白井先生、
熱さは折り紙付きです

終盤、打ち切り短縮っぽい展開なのが残念
十二支、2人まとめて秒殺されるヤツとかも出て来たり・・・
それでもしっかりまとまってるのは見事

店主、超オススメです

しかし、1話だけコミックス未収録があるんですよね

コミックス読者だった店主、コレを知って必死に探しましたよマジで
なんとか手に入れた時には思わずガッツポーズ

大筋には関係ない話ではあるんだけど、アミナ姫可愛かっただけにスゲー勿体ねぇ
目隠れ系キャラなんで、お好きな方も多いんじゃないでしょうか?

白井先生のHPには、描き下ろしアミナ姫ありますので、
興味のある方は一度ご覧になってみては如何でしょう?
スポンサーサイト