入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
サダー! ニダー! ヘシー!
2010年09月18日 (土) | 編集 |
サンダーマスク
こうとしか聞こえん「サンダー!二段変身!!」

手塚治虫「サンダーマスク」

本日は手塚神の「サンダーマスク」です
良く間違われますが、サンダーマスクは手塚神原作のヒーロー物ではありません

手塚神がコミカライズしたヒーロー番組です

サンダーマスクは東洋エージェンシーひろみプロが、
1972年に制作した特撮巨大ヒーロー物
このひろみプロは、虫プロダクションから独立した若手が設立した会社で、
要は手塚神が御祝儀としてコミカライズしたと言われています

まぁ、ぶっちゃけ内容はグダグダです
設定自体は結構面白いのに、お話が5倍速で進んでいきます

魔王デカンダの正体とか、微妙にミスリードを誘いながら、
即ネタバレしちゃったり
最終回も切なくていいんですが、説明不足が過ぎます
結局どうなったんだ、命光一
余命僅かじゃなかったのかオイ

飛行機がまるごと石化するとか、いいシーンもあるんだけどなぁ・・・

まぁ、元々のサンダーマスク自体がヒデェ出来だったんですけど

この作品、いろいろ権利関係とか入り組んじゃってまして、
現在まで一切ソフト化されていません
地方での再放送を録画したビデオが、特オタ間で細々とやり取りされていた程度で

店主も何話かは観た事ありますが、頭を抱える出来です
もうツッコミ養成番組かってくらい

有名なネタですが、
サンダーマスクは魔王デカンダから地球を護る為にやって来たのですが、
1万年早く着いたので、仕方ないので寝て待ってた
しかも寝坊
馬鹿かオメェ

そのクセ本国からの使者は一日で来られます
一旦帰れよ

これを褒められるのは、
特撮界のポリアンナ・池田憲章先生くらいでしょう

今回、秋田文庫版でご紹介してるのには訳があります
この文庫版の解説文は、筋肉少女帯のオーケンが書いてるんですが、
全編サンダーマスクに対するツッコミだらけです
結構笑えますんで、是非ともご確認下さい
スポンサーサイト