入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
ブレーキの壊れたダンプカー
2010年09月14日 (火) | 編集 |
ユンカース・カム・ヒア
原作?何それ?

木根尚登・森永あい「完全版 ユンカース・カム・ヒア 上・下巻」

本日は少女漫画「ユンカース・カム・ヒア」のご紹介
原作はTMN(TM NETWORK)の木根尚登氏
作画は森永あい先生となっております

森永あい先生といえば、代表作はドラマ化もされた「山田太郎ものがたり」
勢いのあるコメディには定評のある少女漫画家です
この作品の元版が、初コミックスだった筈
(元版は新書サイズで全4巻)

喋るシュナウザー犬・ユンカースと、飼い主の女子高生・瞳ちゃんとの生活を描く作品
なんかヒゲモジャでじーちゃんみたいな犬ですよね、シュナウザー

木根尚登氏の小説は真面目なファンタジーってな感じなんですが・・・
森永あい版は暴走しまくるスチャラカコメディ

もう原作?何それ?状態で、
完璧にブレーキ壊れてます

「大丈夫!木根さん大人だから怒んないよっ!」

「木根さんの原作小説のユンカースは、内臓吐いたら死にそうな感じ」


WAHAHA、メチャクチャですがな
森永版ユンカースはスケベで、
踏まれて内蔵吐いたり、流氷に乗って流されたり

兎にも角にも勢いがあって面白い作品です
本当に木根尚登氏が大人だから怒らなかったのか、微妙に気になりますが

あまり少女漫画を読まない方にもオススメ出来るかな?

残念ながら現在は元版・完全版共に絶版です
まぁ、特にプレミアって訳でもないんですが、
探しても案外揃わなかったりしますので、この機会に如何でしょう?

ユンカースにはアニメ映画版もありますが、こちらもオススメ
出来は良かったんですが、なんかエライ長い間ソフト化されず、
幻の名作と呼ばれてたり
(現在はDVD化してます)

こちらはジブリ系アニメで、内蔵吐いたりしませんが
スポンサーサイト