入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
闇に隠れて生きる
2010年09月12日 (日) | 編集 |
妖怪人間ベム RETURNS
オタクと変わらんな、妖怪人間

剣名舞・鈴木俊介・津島直人「妖怪人間ベムRETURNS」

本日は、妖怪人間ベム各種新入荷のお知らせ

妖怪人間ベムといえば
早く人間になりたーい!でお馴染みのアニメ
もう40年以上前の作品でありながら、未だにファンは多く、
何度かコミック化しています

上記の作品は、ENIXの少年ガンガンで連載されていた、
津島直人先生作画の「妖怪人間ベムRETURNS」
アニメ化やゲーム化などのメディアミックス前提の企画だったようですが、
残念ながらポシャった模様

作品世界は近未来

妖怪人間ベム

高橋秀武「妖怪人間ベム」

そしてこちらは高橋秀武先生
2006年に再アニメ化された時に、メディアミックスの一環として、
ヤングジャンプなどで掲載されました

メディアミックスと言っても内容は完全に別物、
作品世界は第二次世界大戦後のドイツっぽい感じ

アニメの本放送時には流石に店主生まれてません
再放送で観た口なんですが、なんつーかかなり怖かったですね
これと「黄金バット」「猫目小僧」が怖かった幼児時代

ケバイおばさん不細工の代名詞ぽかったベラ
中身はいい人なんですけど・・・ちょっとエキセントリックなのが難点

流石にそのままで漫画化するのはキッツイのか、
どちらも美形化してます

津島版では美人コンテストで入賞するほどのエキゾチック美女
秀武版はハイティーン美少女

一応ヒロインポジションなだけに、苦労してる感があったり

妖怪人間の指の数と並ぶ、困りングポイントですな

余談ですが、RETURNS連載直前くらいだったかな?
ENIXが妖怪人間ベムのアニメムックを出版したんですよ
全話ストーリーとかキャストインタビューとか収録されてるの

そんな中

「そんな何十年も前の事、覚えてる訳ねーじゃん(意訳)」

と、やたらとガチな発言をしていた小林清志氏(ベム役)が凄かった
スポンサーサイト