入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
砂の嵐に隠された
2010年08月12日 (木) | 編集 |
バビル二世
バビルの塔に住んでいる♪

横山光輝「バビル二世」

本日は、横山御大の大ヒットSFアクション漫画「バビル二世」です
アニメ化もされた作品ですので、
原作未読でも大抵の方はご存知かと思います

アニメではバビルの塔ですが、原作ではバベルの塔
ここんトコちゅーい

旧約聖書に出て来る、神の怒りで破壊された巨大な塔の事ですな、バベルの塔
それまでは全ての言語は同一だったのが、
このバベルの塔破壊より、それぞれ異なる言語を持つようになった、と言われています

でもってバビル二世ですが、
メチャクチャ面白いですわ

無敵の超能力者・バビル二世と
三つのしもべ
ロデム・ロプロス・ポセイドンが、
世界征服を企む悪の超能力者・ヨミと戦う

勧善懲悪SFアクションなんですが、年齢重ねてから読むと、
何故か皆ヨミ様贔屓になるという

ヨミ様、一部では理想の上司と呼ばれてたり
悪の首領だけあって、そりゃまぁ非情な面も多々あるんですが、
基本的に部下思いですよね、ヨミ様

バビル二世が地下に居るヨミ様の部下を水攻めして、溺死寸前に追い込むと、
ヨミ様、部下を見捨てる訳にはいかんと、救出に向かいます
バビル二世の罠である事は承知の上で・・・

っつーかバビル二世は鬼

これはバビル二世が継承者に選ばれた点と無関係ではないでしょう
バビル二世は超能力に目覚めた瞬間から、山野浩一としての自我がほぼ失われます
絶対正義の遂行者・バビル二世となった訳です

ヨミ様が選ばれなかったのは、エネルギー吸収能力の有無などではなく、
自我、人間としての心の力が、山野浩一(バビル二世)よりも強かったんだろうなぁと

ヨミ様は施政者であり、統治者を目指しますが、
バビル二世は断罪者な訳です

断罪者に感情は要りません、ただ裁くのみ
バビル二世の強さって、怖れはするけど憧れはしない
強さのみで惹かれるのなら、
ヨミ様からバビル二世に流れる輩がいてもオカシクないんですが、そういうのは皆無

皆分かってるんですよ、作品世界の人々
バビル二世と分かり合える事は決して無いと

とまぁおっさんの戯言つらつら書いてますが、
ホントに面白いのでお若い方にもオススメ

この文庫版は、少年チャンピオンコミックス版に未収録だった第4部も収録されています
これは意外と読まれてない方も多いと思いますよ

全11巻だった少年チャンピオンコミックスが、
平成の世になってからいきなり全12巻になってビックリ

スポンサーサイト