入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
完結しちゃいました
2010年07月29日 (木) | 編集 |
ふたご最前線
辻作品で一番好きでした

辻灯子「ふたご最前線」

本日は、つい先程連載が終了&コミックスも完結した、
辻灯子先生の「ふたご最前線」です
辻先生の作品は、全体的に地味なんですが、すこぶる面白い
徹底的にマイペースな感じがしちゃったりします

そんな辻作品で、店主が一番好きなのはコレでした

女の子大好き、社交的で美学に殉ずる男・北斗
一見強気だが、その実神経質で内弁慶な南帆(なほ)

のふたごと、

童顔で苦労性のパパ 傍若無人・フリーダムなママ の4人家族な英田(あいだ)一家

彼らとその周囲の人々を描くファミリー四コマです

辻作品で一番連載期間が長く、何と10年超
もう永遠に続くんじゃないかとすら感じてましたが、
やはりどんなモノでも終焉は迎える訳で・・・

6巻でふたごは卒園し小学生になり、その後小学校生活を三倍速で駆け抜け終了
小学生編、もっと読みたかったなぁ・・・ひょっとして打ち切り?

当店のセットは残念ながら5巻まで
だって6巻出たの今月の頭だし
あと1巻買うだけセットって事でシクヨロ

しかし、今月のラブリーで「虹色占い師」復活とは
正直何がしたいのか、良く分からんぞラブリー
スポンサーサイト