入荷情報・イベント情報などその他もろもろ
絵柄が違う・・・
2010年07月07日 (水) | 編集 |
アクトレイザー
でも中身はやっぱ加藤作品っぽい

加藤元浩「アクトレイザー」

本日は意外とレア商品をご紹介
加藤元浩先生の「アクトレイザー」です

アクトレイザーはSFC最初期のゲームソフト
機能を見せたくてたまらないのか、滅多矢鱈と回転縮小してたような覚えが
でも兎にも角にも古代祐三氏の音楽が素晴らしかった

店主たちの世代は、ファルコムのARPG直撃世代ですので、
古代サウンドを聞くだけで盛り上がるように刷り込みされています

そんなアクトレイザーを、加藤元浩先生がコミック化
加藤元浩先生?
・・・そう、「Q.E.D. 証明終了」でお馴染みの、加藤元浩先生です

絵柄が違う?
まぁ、20年ほど前の作品ですからねぇ
「Q.E.D. 証明終了」も、初期はこんな絵柄だったんですよ
今でも、巻頭のキャラ紹介だけはその頃の絵柄なので、
違和感半端ねぇんですが・・・いい加減代えろと

正直なところ、ゲームとの共通点はタイトルくらい
完璧に加藤先生オリジナル漫画になってます
ぶっちゃけなんちゃってファンタジー

上記の1巻が第1部で、
アクトレイザー 第2部
こちらの2~3巻が第2部となります

第2部になると更になんちゃって度UP
いきなり法廷闘争始めたりとやりたい放題
その辺のロジック駆使は、流石に加藤作品ですな

まぁ、面白いからいいんです

こちらのアクトレイザーは、現在絶版状態で、
加藤先生がエニックス出ちゃった所為もあるのか、再版の噂も全く聞きません
多分無いでしょう

「Q.E.D. 証明終了」や、以前紹介した「ロケットマン」
「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」などを読んで、加藤作品が気に入った方
これも是非とも押さえておくべきでしょう

第2部は、主人公とヒロインのタッパが殆ど変わらん、
シーンによってはヒロインの方が微妙に高いと、
加藤作品死の掟の発露が見られたり
スポンサーサイト